パセラ メキシコ観光 株式会社 メキシコ観光
パセラ ホーム
> 連載・UNAM田中先生のメキシコ講座 > タイルの家の物語その3、その4
パセラ コンテンツ
テーマで探す
  世界遺産の旅  
  ロマンチック・コロニアル都市  
  隠れ家ホテルで癒しの休日  
  スペイン語を学ぶ  
  メキシコでダイビング  
  ウェディング&ハネムーン  
  キューバでサルサ・レッスン  
  お祭りを見に行こう  
  さらなるテーマはこちら  
イベント・ツアー情報
  パセラのお勧め企画  
  モデルコース集  
行きたい場所から探す
メキシコ
  キューバ  
  グァテマラ  
  ホンジュラス  
  エルサルバドル  
  コスタリカ  
  パナマ  
  ドミニカ共和国  
  ベリーズ  
メキシコ観光について
  サイトマップ  
  会社概要  
  お問い合わせ  
AMIGOS-アミーゴーズ-
  リンク集  
  日本でメキシコを味わう!  
  採用情報  
  海外現地情報-よもやま話-  
  メールマガジン  
UNAM田中先生のメキシコ講座
COMO ESTA MEXICO

メキシコ 時刻
MEXICO
キューバ 時刻
CUBA
日本 時刻
JAPAN


 
1. ユカタン半島に移動するマングローブの林あり 2.メリダの謎、ベルサイユ風宮殿 ここにあり!
3.地球の聖地、モナルカ蝶のミチョアカン 4.メキシコ市内観光とテオティワカン
5.タイルの家の物語その1、その2 6.タイルの家の物語その3、その4
5.タイルの家の物語その5、その6 6.タイルの家の物語 最終章
9. カリブを変えた砂糖、コーヒー、紅茶
 

タイルの家の物語

【 〜その3〜 】

「タイルの家」の持主、ビベロ伯爵家は、約300年に渡るメキシコ植民地時代を通じ、最も由緒ある貴族であった。初代のビベロ伯爵は、スペイン領フィリピン総督に任命され、帰墨途中(1608年)、船が難破、千葉県御宿に漂着した。村民の手厚い看護を受けた後、徳川家康に表敬訪問の旅に出る。

後日、その模様をスペイン王に報告しているが、当時の一流貴族が、どのように日本を見ていたのかが解り、興味深い。 伯爵は報告書の中で、異教の国、日本は、「メキシコ市にあるような偶像」を拝んでいる、と記しているが、コルテスのメキシコ征服(1521年)から約90年経たメキシコ市にまだ、アステカ族の崇拝する「偶像」が残っていた、ということなのであろうか。伯爵の報告文には、時として、私達日本人からすると事実に反する箇所が見うけられる。その一つが、将軍徳川家康を“Emperador Taikosama”(天皇又は皇帝、太閤様)と呼んでいることである。

なぜ、家康が、「皇帝・太閤様」になってしまったのであろうか。 ビベロ伯爵は日本語が解らなかったのであるから、当然、通訳がいたはずである。通訳は、フランシスコ派のカトリック神父ソテロであったらしい。ソテロは長く日本に住み、後に、日本国大使として、支倉常長に同行、メキシコへ渡った人物である。ソテロ神父は相当、日本事情に通じ、日本語も堪能であったという。彼は当然、“Emperador”(天皇)は京都にあり、かつ“Taikosama”(太閤様)は豊臣秀吉のことで、家康ではないと知っていたはずである。その彼が、あえて、将軍家康を“Emperador Taikosama”と通訳した理由は何だったのであろうか。 実は、この“Emperador Taikosama”は既にメキシコでは有名人になっていた。メキシコ市郊外のクエルナバカ大聖堂の内部に、長崎26人聖人殉教壁画がある。殉教者の一人、フェリッペ・デ・ヘスス(Felipe de Jesus)という人物は、メキシコ人であり、後にローマ法王により、始めのメキシコ人「聖者」と認められた人である。

その壁画には、“EMPERADOR TAICOSAMA”が殉教を命じた、という言葉が大きな文字で書き添えられている。殉教は1597年のことで、翌年の9月に太閤秀吉は他界しているので、壁画の“TAICOSAMA”は太閤本人を指している。 では、ビベロ伯爵が家康を秀吉と思い込み、“Taikosama”と言ったのかと言うと、そうではなさそうである。なぜなら、日本事情に通じたソテロ神父が、日本の主権が、秀吉の死後、家康に移ったことを知らなかったとは思えないし、又、新主権者の家康を太閤秀吉と偽って通訳して得るものは何もないのである。

むしろ、反対に、殉教を命じた反キリスト者と思わせてしまい、今後の外交にとって不利になってしまうくらいである。 考えられることは、ソテロ神父が、メキシコで知り渡っている“TAIKOSAMA”を主権者の敬称として通訳し、日本国内の複雑な権力構造の説明を省いたのではないであろうかということである。今でも、秀吉の別称のように使われている「太閤」も、本来の意味は、天皇から授かる官位にすぎず、秀吉の個人名ではないので、ソテロ神父が全く嘘を言っていたことにはならないのである。 次の可能性は、ビベロ伯爵が、“TAIKOSAMA”を“フェリッペ王”(Rey Felipe)のような個人名と思い違え、フェリッペU世、フェリッペV世のように、個人名が継承されるスペインの習慣にのっとり、“Taicosama”と家康を呼んだ、というものである。 このどちらが、真実に近いかは、将軍家康を“Emperador”(天皇又は皇帝)と呼んだ事情から推し推し量ることができそうである。

【 〜その4〜 】

前回、ビベロ伯爵がスペイン王に宛てた報告文に、徳川家康を“Emperador Taikosama”と記していたことについて、家康がなぜ、「太閤様」になってしまったのか推測してみた。今回は、「将軍」家康が、“Emperador”(皇帝又は天皇)になった訳を考えてみたい。 まず、思いつくのは、ビベロ伯爵が天皇の存在を知らされず、最高権力者家康を、ヨーロッパ式に“Emperador”という称号で呼んだのではないか、という考えである。ところが、史実は違っていた。

ビベロ伯爵は2年近く日本に滞在していたが、その間、公式行事に来賓として招かれ、天皇と家康の両者を同時に見ていたのである。当然、天皇の存在を知っていたし、かつ、家康が常に、天皇の一歩後ろに居たことも見逃さなかった。それを知りながら、あえて将軍家康を“Emperador”と呼んだのはなぜであろうか。これはどうも、スペインのお国の事情によるらしい。当時のスペイン史をひもとくと、スペイン王の父王は、カルロス一世であり、彼は同時に神聖ローマ皇帝カルロス五世でもあった。父王は死に際し、神聖ローマ皇帝の座を、弟のフェルナンド一世に、スペイン王を息子のフェリッペ二世に譲った。皇帝は諸国の王をまとめ、その上に立つ者という意味があり、これからすると、王より皇帝の方が上位になるが、皇帝には、王のように血縁ではなく、選ばれてなった者という別の意味もある。

例えば、古代ローマ帝国の五賢帝(トラヤヌス帝、ハドリアヌス帝など! 「王」が血による継承で、“Emperador”が実力による選出だとしたら、家康は“Emperador”ということになるのであろう。クエルナバカの大聖堂壁画の“EMPERADOR TAICOSAMA”(皇帝・太閤様)は、まさに、豊臣秀吉にふさわしい呼び方だったのである。 その上、ビベロ伯爵には、「王」の方を「皇帝」より上位にしておきたい理由があった。まず、彼が仕えているのはスペイン王であり、皇帝ではなかった。もし、日本の天皇を文字通り“Emperador”にし、家康を「王」にしたのでは、スペイン王が下位になってしまう。天皇に「王」をあて、家康を“Emperador”にすることにより、スペイン王が皇帝より上であることを伝えたかったのではないだろうか。 しかし、それでも、まだ、疑問は残る。家康の正式敬称は「将軍」、つまり“Capitan general”である。

なぜ、この正式名を使わなかったのか。実は知らなかったからではなかった。 現に、日本と取り交わした文書には“Shogun”と書かれている。しかし、軍部の長を意味する「将軍」では、家康の偉大さをスペイン王に予測させるのは不可能と感じ、日本に対しては、“Shogun”を、スペイン王向けには“Emperador”という使い分けをしたと思われる。 いつの時代でも、敬称の付け方は難しいが、特に文化の異なる国の敬称付けは、生やさしいものではないようだ。ビベロ伯爵も、頭を痛めた末、家康を“Emperador Taikosama”と呼んだのであろうか。

つづく

●個人情報のお取扱について
 
サイトマップ / 会社概要 / お問い合わせ・東京
Copyright (C) 2004 MEXICO KANKO. All Rights Reserved.